ヨガで内から輝く女性へ〜初心者でも分かるヨガ〜ヨガで内から輝く女性へ〜初心者でも分かるヨガ〜

そもそもヨガとは?ヨガについて知ろう

元は修行法だった”ヨガ”には、さまざまな流派があります。

 

しかしそれを難しく考える必要はありません。
基本的には、呼吸、ポーズで構成されており、そしてそこに瞑想が入ってきます。

 

呼吸といっても初めから難しいものではなく、
呼吸を意識するというところからスタートする流派がほとんど。
またポーズもできる範囲でOK。
自分が今できる気持ちのいいポーズを知ることも重要ですし、そこからがヨガのスタートです。

 

瞑想と聞くと、少し怪しげに聞こえるかもしれませんが、
現在ヨガスタジオで行われている瞑想というものは、
基本的に目を閉じて、自分の中を観察するものや、
音楽や、先生の優しい声を聞きながら、
日常で忙しくなって疲れてしまっている心と身体をリラックスさせるものです。

 

これら、どれも、”体にいいもの”で、”心にもいいもの”です。
日常でしないポーズをとることで、インナーマッスルが鍛えられ、基礎代謝がアップします。
そうすると、自然と痩せやすい体質に変わりダイエット効果もあります。
また、日常生活のなかで生まれた身体の歪みも調整されます。
そして、ヨガは体に意識と血液と酸素を流していき、関節を柔軟にしていくことで、体が開きます。
体内を駆け巡った血液により、老廃物が汗となって外へ排出されるのです。

 

そうやってまずは体をきれいにして、そのきれいになった健康な体に、
健全な精神が宿っていくと言われています。

 

私達が宇宙との調和をはかり、生きる上で、
大切な要素をすべて含んだモノが、ヨガの考え方なのです。
ヨガのことを考えていきること、それは自分を考えることであり、
また自分の人生を考えることでもあります。

 

 

ケガのリハビリにも最適なヨガ

ヨガは筋肉、関節の強化、柔軟性にとてもいいと言えます。

 

体の軸を意識しながら、筋肉の伸びる方向を左右、上下と双方向に伸ばすヨガのポーズが、
とても柔軟で質のいい筋肉を作り出すのです。

 

関節も同じように、あらゆるポーズを取り、まわりの筋肉をほぐすことで徐々に柔らかくなります。
自分と向き合い、自分の体に無理をさせず行うヨガは、ケガなどにおけるリハビリに最適です。

 

また、体の中に抱えたたくさんのトラブルも、
そしてトラブルを防ぐ意味での予防医学としても、ヨガは最適です。
内臓系の調子が良くない人など、女性の慢性便秘にも非常に効果があります。
これは内科的な話ではありませんが、ヨガによって、女性ホルモンの分泌を活性化させることで、
ダイエット効果もあると言われています。
筋肉伸縮と深い呼吸によってリンパの流れや血行が良くなり、内臓も活性化されることで、
心臓発作、脳卒中などの病気予防になります。

 

ヨガの基本はポーズと呼吸です。
他のスポーツと違い、高度な技術や道具のいらないヨガは、
体が硬い人、運動が苦手な人や、体力のない年配の人にも広く親しまれています。

 

ヨガの腹式呼吸を伴った動きで行うことにより、
硬くなってしまいがちな関節や筋肉をほぐすことができ、
ゆったりとした動きで筋肉をストレッチしたり、内臓の活性化を促進することができます。

 

自律神経のバランスを整えることはとても大切で、不安な気持ちの解消にも繋がります。
ケガのリハビリだけでなく、
身体の悩みである肩こり、腰痛、転倒、失禁症などの予防や軽減に効果的で、健康に良いです。
 
自宅でもできますし、スタジオ、病院など、生活への取り入れ方は様々です。

更新履歴


このページの先頭へ戻る